読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんスマ  2008年12月20日

【剛の名言】コーナー
 
~(ナレーション)香と草は2人で酒を飲んでいた~
草「慎吾と飲んでると僕は楽しいなぁ♪」
~この日の草は上機嫌~
酔っ払った草を家までマネージャーの運転する車で送る香。狭い後部座席に並んで座った二人。
草「なぁ、慎吾!俺のこと好きか?」
香「何だよいきなり、そりゃ好きに決まってるだろ!」
草「本当に好きか?」
香「おぉ 本当に好きに決まってんじゃんか」
~草が愛情確認をし始めた~
草「いや本当は嫌いだろぉ~」
香「ちょっと 本当に好きだって」
草「本当に好きだったら 俺を殴れ」
香「いや、無理だって 絶対無理」
~当然、香は殴れない。すると…~
草「殴れよ」
香「いい加減にしろよ~」
草(香をいきなり本当に殴る)
顔面直撃の草パンチに車のドアに香の頭がぶち当たり鼻血が出る
香「お前、ちょっと待て。ふざけんな。見ろ(ティッシュに付いた鼻血を草に見せる)酔っ払ったお前を家に送ろうしてる俺が何で殴られなきゃいけないんだ」
草「ごめんなさいぃぃ~~~(号泣)」
自分の鼻血をティッシュで押さえ続けながら鼻水が滝のように流れる草の鼻をティッシュで押さえる香
草「ううう~~ごめんなさい~~(号泣)」
香「ちょっと車止めて おい何があったんだ?、と」←再現VTRを見終わった草本人コメント「何かあるんですよ、男には(失恋を疑われるが否定」
香「その後、家に送って家の中で3~4時間くらいずっと語るというか一人で暴れて。(草は)体温調節できないから。服脱いで、『おーい慎吾見てろ!バク転してやるぜ!』
(目の前バク転する草を見ながら無言で項垂れた様子で頷く香)」
 
 
再現VTRを見終わった草本人コメント
草「何か男は分かりませんか?ぶつかっていくというか」
さ「好きと確認したいときがあるんだろ」
草「えぇ」